移動販売のお弁当屋さん

お弁当のぼり

移動販売のお弁当屋さんに目立つのぼりを作る事で
存在感をアピールする事が出来ます。


特にのぼりの効果は、遠くから見ていてもすぐに解かる様なデザインであれば、
何が販売してあるかもすぐに分かってわざわざ近くまで行く必要もなく
確認出来る所は、とても利用者にとっても良い状況となります。

日本の移動販売の歴史は古い!江戸では寿司も移動販売!?

忙しい時などで、遠くまで買い物に行く時間がない場合には
移動販売を利用することも便利で、地域によってもそれぞれ違うものですが
やきいもやラーメン、灯油の販売などあらゆるものがあるものが代表的な移動販売です。

また、自宅のなかにいてもわかるように声で知らせてくれるため、
必要な場合や利用したい場合にはすぐに利用することができるという便利さもあります。

このような現在では便利で利用したい時にすぐ利用ができる移動販売ですが、
日本での移動販売の歴史は古いもので江戸時代にはすでに行なわれていました。

当時は、江戸や大阪などの都市では町人文化という文化が栄えて
江戸では夜鳴きそばや握り寿司などの屋台の移動販売が行なわれるようになりました。

また、この頃の移動販売には、天秤棒を使用して飴や金魚などの移動販売もあり
当時は人気を集めていました。

その後、リヤカーという便利なものが発明されるようになると、
やきいもやラーメン、たこ焼きなどの今ではお馴染みの移動販売が
行なわれるように大正時代あたりからは現在の移動販売の基礎が確立されました。

現在では、自働車によるものが主流ですが時代の変化とともに
変化をしていったことになります。

のぼりを看板や広告代わりに活用

のぼりの存在のお陰で、営業を行っている事も分かりますし、
特に所在が無い移動販売のお店にとっては、のぼりに対しては
しっかりと目立つものを作る事が必要となります。

逆にデザインなどののぼり旗のミスのせいでキャンペーンの宣伝が遅れてしまい
売り上げが下がることもあります。そんな時は即日で対応をしてくれる制作会社を選びましょう。

宣伝

営業を行う上でもやはりこうしたお弁当屋さんの存在を多くの通行人に
アピール出来る所が素晴らしい事であり、のぼりはオリジナルのデザインのぼり旗
物がいい
というひともたくさん出てきます。

その後に味が美味しければリピーターが増えて来ると言った経緯となっていきます。

そのお店の存在に気が付かない事となれば、こうした営業活動に
影響を受ける為、移動販売のお弁当屋さんにとっては
のぼりがとても大切であり、そこで目立つ事が出来れば
集客も増えてくる事となります。

ただしのぼりは印刷が複雑になればなるほど高くなっていくもの
ということは理解しておかないと、予算がえらい上がります。