効果的な使い方

駐車場

のぼり旗は、メッセージを端的に相手に伝えることができる
宣伝アイテムで、効果的に活用するためには、メッセージの内容と旗の色、
設置の仕方が重要です。

不特定多数の人に宣伝する活用法として、旗を立てる距離も重要になってきます。

歩いている人にみてもらうだけでなく、車で通り過ぎる人に対しても
目にとめてもらう必要があるため、近すぎる距離に立ててしまうと
見逃されて終わってしまいます。

割りとスピードが出ていても書かれていることを読んでもらうためには、
1m80cmの距離は必要となります。

のぼり旗は派手な方が目にとまりますが、文字が読めないような
柄を入れてしまったのでは意味がありません。

活用法として旗の色の派手さに負けない文字のフォントと太さがポイントです。

のぼり旗の専門店にすべておまかせするのが一番手っ取り早い方法では
ありますが、こだわって自分でデザインをするときには、事業内容や
宣伝内容に合わせて配色とフォントを決めていきます。

のぼり旗の活用法として、同系色のものだけを並べない方法があります。

同系色ばかりを並べると同じことが書いてあるだろうと、
最初の旗を確認しただけで終わってしまう可能性があります。

違う色の旗と交互に並べたり、一色だけ違う旗を作って間に入れるなど
変化があると、書かれている文字を確認してくれる人の数が増えます。

のぼり旗の活用法として、設置する場所に合わせた配置を考えると効果的です。

道路から見える位置だけでなく、駐車場に入ってきたお客様に対しても
見えるように配置する、のぼり旗の本数が少ない場合には、三角形になるように
配置すると、色んな場所からみてもらうことができます。

parkingのぼり

 

sponsored link