会社のカラーの配色がわかりやすい


コンビニののぼりは会社によってカラーの配色が決まっていて、
直ぐにどこのコンビニかわかります。

のぼりはただ目立ってお店の名前を知らせているだけでなく、
その配色などにも工夫がされています。

実はのぼりに使われている色は集客にも大変関係しています。
人をひきつける色や目立つ色、色の本来の意味、そして色を見ている人の目も重要です。

会社

眼は周りの影響を受けやすく、同じ色でも錯覚などを起こして目立たせることも出来ます。
差し色的に捕色を使うことで鮮やかに見えるので、決まった色の会社ロゴマークを
鮮やかにしたり、違うイメージにすることも出来ます。

rentalboxのぼり

2色だけののぼりでも、明度の差を利用することでデザインに奥行きが出ます。
濃淡のある色を使うことで使えます。

また、淡い色では無彩色と合わせると鮮やかに見えるので、水色やピンクが会社の色なら、
無彩色を入れることで目立ちます。

コンビニののぼりも、よく見るとカラーが人の目を引くように工夫がされているのがわかります。

 

sponsored link